« 日本沈没 | トップページ | ゆれる »

幸福(しあわせ)のスイッチ

★★★★☆
公式サイトhttp://www.shiawase-switch.com/
試写会場: ル テアトル銀座
原案・監督・脚本:安田真奈
出演: 上野樹里、本上まなみ、沢田研二、中村静香、林剛史

製作国:日本 (2006年)

ストーリー
和歌山県田辺町で小さな町の電器屋で育った怜(上野樹里)は、頑固で儲けをまったく考えず外面ばかりいい父(沢田研二)に反発して、東京に出て専門学校卒業後、デザイン会社のイラストレータをしていたが、上司に反発して入社して1年もしないうちに自主退職してしまう。
そんな折、田舎にいる姉が危篤で入院中だという知らせが妹から届き、急いで田舎に帰ると入院しているのは骨折した父だった。
父が入院中の間、電器屋の仕事を手伝うように姉から頼まれ、仕事もお金もなく仕方なく引き受ける怜。
いつもネガティブで仏頂面の怜だったが、地元のお客さん達と触れ合って行くうちに彼女の内面が変わって行く。
(公開までものすごく時間があるため、ストーリーはここまで)

<感想>
株主総会の試写会で観た。
最近邦画に凝りまくっている私だが、その中でもこの映画はかなりイケた。
ストーリーは単純だし、先が読めるし、難しいことは何もないけど、ともかく自分がその空間にいたくなる作品なのだ。
役者さん達の演技もすごくよかったし。
約1名を除いて。。。。だってジュリーはアイドルだから、ダサい親父になって欲しくないの!!!
邦画の良さは、自分が主人公の立場に感情移入しやすいところだと思う。
で、次女の怜は、しっかり者の姉とちゃっかりした三女の間にいる立場ってところが、三人兄弟の真ん中で育った自分と似ているところがあって、バッチリ感情移入できてしまった。
一人だけ地元離れているっていうのも似ているしね。
それから、この映画は多分、主要な出演者さんは全て関西出身者で固めているみたいで、普通の映画やドラマだと妙に変に聞こえる関西弁が、この映画はとっても自然に聞こえた。
もちろん、それでもネイティブ田辺弁とは全然違うと思うけど、少なくとも関東や東北出身の人が方言指導受けて関西弁話すのと比べるとすっごく自然で、セリフ回しが気持ちよかった。
大きい映画館では公開されないだろうけど、心温まるいい映画なので、是非観に行ってくださいまし。

|

« 日本沈没 | トップページ | ゆれる »