« タイヨウのうた | トップページ | 初恋 »

花よりもなほ

Hanayorimo
★★★☆☆
公式サイトhttp://kore-eda.com/hana/top.html
映画館: TOHOシネマズ府中
劇場: スクリーン3
監督: 是枝裕和
主演: 岡田准一 、宮沢りえ 、古田新太 、浅野忠信 、香川照之
製作国:日本 (2006年)

ストーリー
碁会所で囲碁の勝負中に殺された武士の父の仇を討つため信州松本から江戸に出てきた青木宗左衛門(岡田准一)は、江戸の長屋に身を寄せていた。
長屋の連中は、うだつがあがらない人たちばかりで、毎月の家賃も怠っていた。
仇を探す中で、長屋の連中相手に字や算数を教える宗左だが、肝心な剣の腕はまったくダメだった。
そんな彼は、向かいに住む子持ちの未亡人・おさえさん(宮沢りえ)に心を寄せていた。
宗左の仇探しを手伝ってくれている貞四郎(古田新太)は、仇を見つけたと言っては宗左を連れ出し銭湯や飲み屋で一杯やるが、実は宗左と同様、仇である金沢(浅野忠信)をとっくに見つけていた。
金沢を見つけながらもなかなかあだ討ちを実行できない宗左。
彼は実際のあだ討ちと違う方法で、あだ討ちを実現しようと、来年には取り壊される予定の長屋の連中と一芝居打つことを決意する。

<感想>
豪華かつ一癖ありそうなキャスト陣を揃えた映画だが、同時期公開の『嫌われ松子の一生』とどうしても比較してしまって、私的にはイマイチでした。
多分それなりにいい映画だし、特に貞四郎役の俳優さんは本当にいい味出していましたが、やっぱり主役が光らなきゃね。
岡田君、あくまでもきれいな役で、中谷美紀ほど汚くなりきれないところがマイナス!
最近邦画を観に行くことが多い私。
別にどうしてもってわけじゃなくて、観たい映画に行こうとすると邦画になっちゃうのよね。

|

« タイヨウのうた | トップページ | 初恋 »