« 幸福(しあわせ)のスイッチ | トップページ | 初恋 »

ゆれる

Yureru_1
★★★★☆
公式サイト: http://www.yureru.com/
試写会場: イイノホール
原案・監督・脚本:西川美和
出演: オダギリジョー 、香川照之 、伊武雅刀 、新井浩文 、真木よう子

製作国:日本 (2006年)

ストーリー
写真家として才能が高く、若くして成功している猛(オダギリ・ジョー)は、母の一周忌のため久々に田舎に帰省した。
田舎でガソリンスタンドを営む父(伊武雅刀)とは昔から折り合いが悪かったが、そのガソリンスタンドを継ぐ兄・稔(香川照之)は、猛が昔から唯一自分の持っているものの中で自慢できる、優しい兄だった。
稔が仕切るガソリンスタンドには、かつての恋人・智恵子(真木よう子)が働いていて、稔と智恵子が仲のいいのを見て嫉妬した猛は、稔が智恵子に気があるのを知りつつ智恵子を抱いてしまう。
翌日、猛と稔と智恵子の3人は、かつて兄弟が家族で行った渓谷に遊びに行き、そこのつり橋を渡る際に智恵子が橋から落ちて死んでしまう。
自分が殺したという兄・稔と、兄をかばい稔には罪が無いと言い張る猛。
稔の裁判の弁護士に、父の実の兄である伯父(蟹江敬三)を大金を積んで雇った猛だったが、裁判を重ねるうちに兄と弟の固いはずの絆がだんだん揺れて、くずれて行く。
(まだ、公開前なので、ストーリーはここまで)

<感想>
今日は初めて一日で2本の映画の試写会をハシゴしてしまいました。
1本目の内容がすごくよかったし、後から観ることになったこの映画の印象が薄くなるんじゃないかと、行く前は心配しましたが、まったくそんな心配は取るに及ばず、すっごくいい映画でした(っていうか、テーマが全然違うので)。
この映画は、オダギリ・ジョーさんと香川照之さんが主演と言うだけで、すっごく観に行きたくなったのですが、もう私の狙いに的中しました。
二人とも役にハマりすぎなくらいうまくハマってました。
チラシに背中や目線で演技する香川さんと書いてありましたが、洗濯物をたたむ彼の背中は演技的に美しすぎます!!!
そして今回主演として映画を見るのが初のオダギリ・ジョーさん。テレビドラマは何回か観たことありますが、やっぱり彼を観るなら映画でしょー。
目とか、しぐさとか、しゃべりとか、あの雰囲気は絶対テレビドラマでは伝わりませんって。
こんな個性が違う二人が映画で兄弟役を演じるなんて、それだけですごすぎます。
さらに、兄弟の確執と絆も、こんなに似ていないキャラの二人が演じるからこそ、感情移入できるのです。
三人兄弟のおミソで育った私としては、やっぱり猛のほうに感情移入しちゃうんですよね。
猛は一見何でも(お金や才能や女など)持っているように見えながら、実家に帰ると何も持っていなくて、昔から地元や家族の間で信頼が高かった兄を尊敬しながらも嫉妬しているっていう屈折した部分がいいです。
一方、優しくて仙人様のように見える兄の稔も、自由奔放で何でも持っている弟の猛に嫉妬している。
お互い嫉妬して、ある意味嫌いなのに、兄弟だからやっぱり大好きっていう、、、家族だから残酷なやり方で傷つけたくなっちゃうっていうところが、作品的にいいなー。
今年度、感情移入作品No.1です。

|

« 幸福(しあわせ)のスイッチ | トップページ | 初恋 »