« 明日の記憶 | トップページ | 幸福(しあわせ)のスイッチ »

日本沈没

Chimbotsu
★★★☆☆
公式サイトhttp://www.nc06.jp/
試写会場: 中野サンプラザホール
監督: 樋口真嗣
出演: 草なぎ剛 、柴咲コウ 、豊川悦司 、大地真央 、及川光博

製作国:日本 (2006年)

ストーリー
深海調査のため、《わだつみ6500》でパイロットをしている小野寺(草なぎ剛)は、ある日静岡県沼津市内で地震に会い、同じ現場に居合わせた少女・美咲とともにハイパー・レスキュー隊員である阿部玲子(柴咲コウ)に助けられる。
アメリカの博士が日本の海底で地殻変動が起きているため、日本は40年以内に完全に沈没することを閣僚達に説明していた。
地球科学博士の田所(豊川悦司)があらゆる調査を行い計算したところ、日本はあと1年も経たないうちに沈没することが判明した。
各地で起こる地震や津波のせいで、自力で国外脱出する国民達。
小野寺も当初は、イギリスに行って新しい仕事に就くつもりだったが、、、。

<感想>
パニック物として見るなら、圧倒的に『海猿』のほうが面白い。
小野寺と阿部玲子がいつのまにか愛し合うようになるという設定だが、一体いつの間にどうゆういきさつでそうなったのかまったく描かれていない。
更に阿部玲子は、自分が助けた少女・美咲を自分の家に引き取って面倒を見るのも、なぜそうなったかまったくわからない。
カップルの心情を描くという点では、まだ豊川悦司と大地真央のカップルのほうが心情も関係もわかりやすかった。
ラストがなー、、、、、。もうちょっとハッピーエンドに出来なかったかなー、、、、。でもあの深さじゃ、無理?

|

« 明日の記憶 | トップページ | 幸福(しあわせ)のスイッチ »