« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

ゆれる

Yureru_1
★★★★☆
公式サイト: http://www.yureru.com/
試写会場: イイノホール
原案・監督・脚本:西川美和
出演: オダギリジョー 、香川照之 、伊武雅刀 、新井浩文 、真木よう子

製作国:日本 (2006年)

ストーリー
写真家として才能が高く、若くして成功している猛(オダギリ・ジョー)は、母の一周忌のため久々に田舎に帰省した。
田舎でガソリンスタンドを営む父(伊武雅刀)とは昔から折り合いが悪かったが、そのガソリンスタンドを継ぐ兄・稔(香川照之)は、猛が昔から唯一自分の持っているものの中で自慢できる、優しい兄だった。
稔が仕切るガソリンスタンドには、かつての恋人・智恵子(真木よう子)が働いていて、稔と智恵子が仲のいいのを見て嫉妬した猛は、稔が智恵子に気があるのを知りつつ智恵子を抱いてしまう。
翌日、猛と稔と智恵子の3人は、かつて兄弟が家族で行った渓谷に遊びに行き、そこのつり橋を渡る際に智恵子が橋から落ちて死んでしまう。
自分が殺したという兄・稔と、兄をかばい稔には罪が無いと言い張る猛。
稔の裁判の弁護士に、父の実の兄である伯父(蟹江敬三)を大金を積んで雇った猛だったが、裁判を重ねるうちに兄と弟の固いはずの絆がだんだん揺れて、くずれて行く。
(まだ、公開前なので、ストーリーはここまで)

<感想>
今日は初めて一日で2本の映画の試写会をハシゴしてしまいました。
1本目の内容がすごくよかったし、後から観ることになったこの映画の印象が薄くなるんじゃないかと、行く前は心配しましたが、まったくそんな心配は取るに及ばず、すっごくいい映画でした(っていうか、テーマが全然違うので)。
この映画は、オダギリ・ジョーさんと香川照之さんが主演と言うだけで、すっごく観に行きたくなったのですが、もう私の狙いに的中しました。
二人とも役にハマりすぎなくらいうまくハマってました。
チラシに背中や目線で演技する香川さんと書いてありましたが、洗濯物をたたむ彼の背中は演技的に美しすぎます!!!
そして今回主演として映画を見るのが初のオダギリ・ジョーさん。テレビドラマは何回か観たことありますが、やっぱり彼を観るなら映画でしょー。
目とか、しぐさとか、しゃべりとか、あの雰囲気は絶対テレビドラマでは伝わりませんって。
こんな個性が違う二人が映画で兄弟役を演じるなんて、それだけですごすぎます。
さらに、兄弟の確執と絆も、こんなに似ていないキャラの二人が演じるからこそ、感情移入できるのです。
三人兄弟のおミソで育った私としては、やっぱり猛のほうに感情移入しちゃうんですよね。
猛は一見何でも(お金や才能や女など)持っているように見えながら、実家に帰ると何も持っていなくて、昔から地元や家族の間で信頼が高かった兄を尊敬しながらも嫉妬しているっていう屈折した部分がいいです。
一方、優しくて仙人様のように見える兄の稔も、自由奔放で何でも持っている弟の猛に嫉妬している。
お互い嫉妬して、ある意味嫌いなのに、兄弟だからやっぱり大好きっていう、、、家族だから残酷なやり方で傷つけたくなっちゃうっていうところが、作品的にいいなー。
今年度、感情移入作品No.1です。

|

幸福(しあわせ)のスイッチ

★★★★☆
公式サイトhttp://www.shiawase-switch.com/
試写会場: ル テアトル銀座
原案・監督・脚本:安田真奈
出演: 上野樹里、本上まなみ、沢田研二、中村静香、林剛史

製作国:日本 (2006年)

ストーリー
和歌山県田辺町で小さな町の電器屋で育った怜(上野樹里)は、頑固で儲けをまったく考えず外面ばかりいい父(沢田研二)に反発して、東京に出て専門学校卒業後、デザイン会社のイラストレータをしていたが、上司に反発して入社して1年もしないうちに自主退職してしまう。
そんな折、田舎にいる姉が危篤で入院中だという知らせが妹から届き、急いで田舎に帰ると入院しているのは骨折した父だった。
父が入院中の間、電器屋の仕事を手伝うように姉から頼まれ、仕事もお金もなく仕方なく引き受ける怜。
いつもネガティブで仏頂面の怜だったが、地元のお客さん達と触れ合って行くうちに彼女の内面が変わって行く。
(公開までものすごく時間があるため、ストーリーはここまで)

<感想>
株主総会の試写会で観た。
最近邦画に凝りまくっている私だが、その中でもこの映画はかなりイケた。
ストーリーは単純だし、先が読めるし、難しいことは何もないけど、ともかく自分がその空間にいたくなる作品なのだ。
役者さん達の演技もすごくよかったし。
約1名を除いて。。。。だってジュリーはアイドルだから、ダサい親父になって欲しくないの!!!
邦画の良さは、自分が主人公の立場に感情移入しやすいところだと思う。
で、次女の怜は、しっかり者の姉とちゃっかりした三女の間にいる立場ってところが、三人兄弟の真ん中で育った自分と似ているところがあって、バッチリ感情移入できてしまった。
一人だけ地元離れているっていうのも似ているしね。
それから、この映画は多分、主要な出演者さんは全て関西出身者で固めているみたいで、普通の映画やドラマだと妙に変に聞こえる関西弁が、この映画はとっても自然に聞こえた。
もちろん、それでもネイティブ田辺弁とは全然違うと思うけど、少なくとも関東や東北出身の人が方言指導受けて関西弁話すのと比べるとすっごく自然で、セリフ回しが気持ちよかった。
大きい映画館では公開されないだろうけど、心温まるいい映画なので、是非観に行ってくださいまし。

|

日本沈没

Chimbotsu
★★★☆☆
公式サイトhttp://www.nc06.jp/
試写会場: 中野サンプラザホール
監督: 樋口真嗣
出演: 草なぎ剛 、柴咲コウ 、豊川悦司 、大地真央 、及川光博

製作国:日本 (2006年)

ストーリー
深海調査のため、《わだつみ6500》でパイロットをしている小野寺(草なぎ剛)は、ある日静岡県沼津市内で地震に会い、同じ現場に居合わせた少女・美咲とともにハイパー・レスキュー隊員である阿部玲子(柴咲コウ)に助けられる。
アメリカの博士が日本の海底で地殻変動が起きているため、日本は40年以内に完全に沈没することを閣僚達に説明していた。
地球科学博士の田所(豊川悦司)があらゆる調査を行い計算したところ、日本はあと1年も経たないうちに沈没することが判明した。
各地で起こる地震や津波のせいで、自力で国外脱出する国民達。
小野寺も当初は、イギリスに行って新しい仕事に就くつもりだったが、、、。

<感想>
パニック物として見るなら、圧倒的に『海猿』のほうが面白い。
小野寺と阿部玲子がいつのまにか愛し合うようになるという設定だが、一体いつの間にどうゆういきさつでそうなったのかまったく描かれていない。
更に阿部玲子は、自分が助けた少女・美咲を自分の家に引き取って面倒を見るのも、なぜそうなったかまったくわからない。
カップルの心情を描くという点では、まだ豊川悦司と大地真央のカップルのほうが心情も関係もわかりやすかった。
ラストがなー、、、、、。もうちょっとハッピーエンドに出来なかったかなー、、、、。でもあの深さじゃ、無理?

|

明日の記憶

Ashita
★★★☆☆
公式サイトhttp://www.ashitanokioku.jp/
映画館: チネチッタ川崎
劇場: チネ5
監督: 堤幸彦
出演: 渡辺謙 、樋口可南子 、坂口憲二 、吹石一恵 、水川あさみ

製作国:日本 (2006年)

ストーリー
広告代理店に勤務する佐伯雅行(渡辺謙)は、部長として部を引っ張るやり手の営業マンだった。
出来ちゃった結婚で結婚式を間近に控えた娘(吹石一恵)と結婚相手(坂口憲二)に会いに行く途中、体に異変を感じ妻の枝実子(樋口可南子)とともに病院に行く。
病院で簡単なテストをした雅行は、簡単な記憶テストを答えられず脳のMRIを取り若年性アルツハイマーだと診断される。
病気を隠して仕事を続けようとするが、ミスを連発し社内告発もあり、社内の資料室に転籍させられる。
部長のまま依願退職すれば、退職後の待遇もよかったが娘が結婚するまでサラリーマンでいたかったのだ。
一方枝実子は、今後生活を支えるために友人(渡辺えり子)に頼んで、彼女の働く陶芸関係の店で働き始める。
娘の結婚後、会社を退職した雅行だったが、日々記憶があやうくなり、外で働く枝実子にすら嫉妬心を抱いくような妄想を抱く。
アルツハイマー者のための施設を自ら見に行った帰り、雅行はかつて枝実子と知り合った奥多摩の陶芸場に向かう。
そこで、かつても師匠と会うがその師匠は老い果てアルツハイマーになっていた。
二人で野焼きをしながら、飲み明かすが朝になると師匠の姿は消えていた。
いなくなった雅行を探しに来た枝実子と途中ですれ違うが、雅行は枝実子のことを覚えていなかった。
一緒に駅まで行こうと誘い、歩き出す二人。枝実子が自分の名前を雅行に告げるとかつて知り合ったときと同じように「いい名前ですね」と言う雅行。その姿を見ておもわず泣き出す枝実子だった。

<感想>
以前から観たかったのですが、渡辺謙さんの舞台挨拶に弾かれて、今日やっと観に行って来ました。
最近若い子が主演の日本映画を立て続けに観ていたせいか、渡辺謙さんの演技があまりにも上手すぎてぐうの音も出ませんでした。
それに奥さん役の樋口可南子さんも上手すぎ!
上手いことに越したことは無いのはわかっていますが、もうここまで来るとエンターテイメント性を通り越して、まるでドキュメンタリーみたいで映画じゃないみたいです。
ようするに新鮮さが無いのが、私としてはつまんないんです。
周りの方はいっぱい泣いていらっしゃいましたし、私も結構泣きました。
でもやっぱりそこまでこの映画にのめり込めませんでした。

映画が終わってから、渡辺謙さんが舞台挨拶に登場してくれました。
今まで試写会でしか舞台挨拶を観たことが無くて、ロードショー館で見るのはこれが初めてです。
映画が終わった後で主役が登場すると、映画の主人公がまるでそこに飛び出して来ているみたいで、謙さんが「えー」なんて間延びすると、「あっ、言おうとしたセリフ忘れちゃったのかな?」って思わず思っちゃいました。
謙さん、主役の挨拶と言うよりは、映画宣伝部の一員みたいで、いかにこの映画を愛しているかが感じられました。

|

初恋

Hatsukoi
★★★★☆
公式サイトhttp://www.hatsu-koi.jp/
映画館: TOHOシネマズ川崎
劇場: スクリーン3
監督: 塙幸成
出演: 宮崎あおい、小出恵介、宮崎将、小嶺麗奈、柄本佑

製作国:日本 (2006年)

ストーリー
幼い頃母に捨てられ、父方の親戚の家で育ったみすずは、小さい頃から天涯孤独の寂しい人生を送る高校生。
実の兄であるリョウから渡されたジャズ喫茶「B」のマッチを握り締め、新宿の繁華街にやって来るが中に入る勇気がなくとまどっているところを、リョウの仲間ユカに誘われ中に入り、リョウの仲間である岸の面接にパスし、無事仲間に入る。
兄のリョウは、女性からモテモテで、女性だけでなく男性からも何故か好かれる性格だが、薬をやったり暴力をやったり、どうしようも無い母親がいたりで問題だらけの人間。
何故かそんなリョウが好きで気が合う岸は、東大生で家柄もいいインテリ。
リョウが警察にしょっぴかれたのを、救ってくれたときからみすずは岸に惹かれて行った。
みすずがバイクに興味あるのを見て、バイク屋を紹介してくれた岸。今まで孤独だったみすずはバイクに乗ったり、リョウの仲間達とともにいることで孤独から開放されていく。
ある日岸から、ある実行計画を持ちかけられ、人から必要とされたことのないみすずは岸の要求を受け入れる。
その計画とは、12月の東芝府中の社員達のボーナスを奪うこと。
女子高生で車の免許が無いのに、車が運転できるみすずは警察の手から逃れるのに絶好の実行犯だった。
2ヶ月という短い実行演習の中で、岸と時間を共にするみすず。
しかし、犯行が終わったらもう岸と会えないことを知っていた。
実行後、岸から岸が借りているアパートの鍵を渡され、大学入学後そこでひたすら岸を待つみすず。
絶望感の中で、みすずは岸がいつも読んでいた本の中から、彼のメモをみつける。

<感想>
絶対、この映画は観に行かないだろうと思っていたのに、何故か今日観に行った。
タイトルと売り文句の「三億円強盗事件の実行犯は女子高生だった」という文句が気に入らなかったので、行く気になれなかったのだが、観に行って大正解!
これは、誰が何と言おうとみすずと岸の純愛ドラマです。
二人が唯一大接近するのは、補導員から追われているみすずを岸が助けて身を寄せ合う場面のみ。
それ以外は、ほとんど接触すらも無い、純粋に気持ちだけの恋愛。
三億円を盗むという秘密を共有することで、二人はお互いの恋の気持ちを成就させる。
これは純愛ドラマ以外の何ものでもないです。
それ以外にも、みすずの養父母や実の母、岸のまわりの大人など、みすず達の気持ちとまったく関係の無い大人達はすべて顔が出ないという演出が面白い。
ウォン・カーウェイ風だと思ったけど、よく考えたらジャズ喫茶でのみすずと岸の二人きりの場面がクリストファー・ドイル的なカメラ アングルになっていたので、そう思っただけかな。

|

花よりもなほ

Hanayorimo
★★★☆☆
公式サイトhttp://kore-eda.com/hana/top.html
映画館: TOHOシネマズ府中
劇場: スクリーン3
監督: 是枝裕和
主演: 岡田准一 、宮沢りえ 、古田新太 、浅野忠信 、香川照之
製作国:日本 (2006年)

ストーリー
碁会所で囲碁の勝負中に殺された武士の父の仇を討つため信州松本から江戸に出てきた青木宗左衛門(岡田准一)は、江戸の長屋に身を寄せていた。
長屋の連中は、うだつがあがらない人たちばかりで、毎月の家賃も怠っていた。
仇を探す中で、長屋の連中相手に字や算数を教える宗左だが、肝心な剣の腕はまったくダメだった。
そんな彼は、向かいに住む子持ちの未亡人・おさえさん(宮沢りえ)に心を寄せていた。
宗左の仇探しを手伝ってくれている貞四郎(古田新太)は、仇を見つけたと言っては宗左を連れ出し銭湯や飲み屋で一杯やるが、実は宗左と同様、仇である金沢(浅野忠信)をとっくに見つけていた。
金沢を見つけながらもなかなかあだ討ちを実行できない宗左。
彼は実際のあだ討ちと違う方法で、あだ討ちを実現しようと、来年には取り壊される予定の長屋の連中と一芝居打つことを決意する。

<感想>
豪華かつ一癖ありそうなキャスト陣を揃えた映画だが、同時期公開の『嫌われ松子の一生』とどうしても比較してしまって、私的にはイマイチでした。
多分それなりにいい映画だし、特に貞四郎役の俳優さんは本当にいい味出していましたが、やっぱり主役が光らなきゃね。
岡田君、あくまでもきれいな役で、中谷美紀ほど汚くなりきれないところがマイナス!
最近邦画を観に行くことが多い私。
別にどうしてもってわけじゃなくて、観たい映画に行こうとすると邦画になっちゃうのよね。

|

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »