« 海猿 LIMIT OF LOVE | トップページ | 花よりもなほ »

タイヨウのうた

Taiyonouta
★★☆☆☆
公式サイトhttp://www.taiyonouta.jp/
試写会場: 明治安田生命ホール
監督: 小泉徳宏
主演: YUI 、塚本高史 、麻木久仁子 、岸谷五朗 、通山愛里
製作国:日本 (2006年)

ストーリー
16歳の少女薫は、XPという太陽の光に当たると死ぬ可能性のある病気を持っているため、夜近くの公園でストリートライブをやり、朝陽が昇る前に家に帰り寝るという普通の人と反対の生活を送っていた。
彼女の唯一の楽しみは、朝自分の部屋の窓から見えるバス停にサーフボードを持って原チャリでやって来る高校生の男の子を眺めることだった。
薫の唯一の親友がその男子生徒と同じ学校なことから、親友から情報を聞き出し、彼がどんな男の子なのか想像する。
ある日ライブをやっていた公演でその男子生徒・孝治が道を通り過ぎるのを見かけた薫は、勝手に彼を追いかけ自己紹介を始める。
別の日に薫が夜中にバス停で歌を歌っているのに遭遇した孝治と薫は急激に仲良くなるが、彼女の体はXP特有の症状である筋肉のマヒが始まっていた。
薫のCDを作るために、夏休み中にバイトしてお金を稼ぐ孝治。
孝治や薫の家族等の願いを込めたCDが出来上がるが、間もなく薫は天国に旅立ってしまう。

<感想>
冗長的な長さで、途中退屈になってしまった。
119分という長さじゃなくて、90分くらいでもっとコンパクトにまとめたほうがよかったと思う。
さらに映画のターゲットを中高生のみに徹底的に絞って売ったほうがいいのでは?
大人が見て楽しめる映画ではない。
YUIの演技がナチュラルでいいけど、塚本クンは『アバウト・ラブ/関於愛(クワァンユーアイ)』での演技のほうがよかったかな。

|

« 海猿 LIMIT OF LOVE | トップページ | 花よりもなほ »