« 緑茶 | トップページ | 嫌われ松子の一生 »

GOAL

Goal_1
★★★★☆
原題:Goal (ゴール)
公式サイトhttp://www.goalthemovie.jp/
試写会場:サロンパス ルーブル丸の内
監督: ダニー・キャノン
主演: クノ・べッカー、スティーヴン・ディレイン、アンナ・フリエル、アレッサンドロ・ニヴォラ
製作国: アメリカ/イギリス (2005年)

ストーリー
幼い頃、父と祖母、弟とともにメキシコからアメリカに不法入国したサンティアゴは、小さい頃からサッカーが大好き。
地域のアマチュア クラブ チームでプレイしているところを、イギリス人の元プロ選手だったグレンに見初められ、彼にイングランド、ニューキャッスル・ユナイテッドでトライアルを受けるように進められる。
昼は父親とともに芝刈りの作業、夜は中華レストランでバイトして旅費のために必死にお金を貯めるサンティアゴだったが、父はサンティアゴが夢にまどわされるのが気に食わず、彼の貯めたお金をトラックの購入代金に使ってしまう。
そんな中、祖母がイングランド行きのチケットとわずかな小遣いを用意してくれ、サンティアゴはイングランドのグレンの元に飛ぶ。
グレンの力でなんとか1ヶ月のトライアル期間を得たサンティアゴは、腕が認められリザーブ・チームに残る。
さらにリザーブの試合での活躍が認められトップの試合にも出場する。
当初息子の行動に反対していた父だが、彼の勇士を見たくて近所のスポーツバーに観戦に行く。
(まだ公開前なので、ストーリーはここまで)

<感想>
どこにでもあるスポコン物ですが、さわやかで期待を裏切られないので最後まで楽しく鑑賞できた。
主人公のサンティアゴや家族がスペイン語で話す部分は字幕が<>で囲まれるのがおもしろかった。
サンティアゴは真面目一辺倒な男の子の役なんだけど、あんなに真面目ならメキシコから脱出して正解だと思う。
だってあの性格だと、きっとメキシコで生きていけないでしょー。
レアル・マドリッドのラウルやジダンと話す場面があるんだけど、単語がスペインのスペイン語になっているのが気になった(車のことを carro じゃなくて coche と呼んでいた)。
やっぱり centro America の人たちも公の場だと Castillano を話さなきゃいけないのかしら?

|

« 緑茶 | トップページ | 嫌われ松子の一生 »