« ナイト ウォッチ | トップページ | ナイロビの蜂 »

連理の枝

Renri
★★☆☆☆原題:연리지(連理枝)
公式サイトhttp://www.renri-no-eda.com/
試写会場:よみうりホール

監督: キム・ソンジュン
主演: チェ・ジウ 、チョ・ハンソン 、チェ・ソングク 、ソ・ヨンヒ 、ソン・ヒョンジュ
製作国: 韓国 (2006年)

ストーリー
テレビ・ゲーム会社の若き社長ミンスは、名うてのプレイ・ボーイ。
今一緒のベッドの上にいる女性が寝ている間に別の女性に携帯で言い訳するような男だった。
ある日、バス停でバスを待つ女性ヘウォンに水溜りの水をかけてしまったことがきっかけで、彼女にアタックを始めるミンス。
しかしヘウォンは、病院に入院中の身で、この日も常習的に行っている病院抜け出しを行っていたのだった。
軽い交通事故の検査に病院に来たミンスは、向かいの部屋に入院中のヘウォンに挽かれ彼女を落とすためにいろいろ手を使う。
二人の仲がうまくいき始めた頃、ミンスは主治医に呼ばれ衝撃的な宣告を受ける。

<感想>
まだ公開前なので、あらすじの全部は書きませんが、それでも当然韓ドラ風な結末は見えてしまいますよね。
もう、いい加減にして!!ってカンジ。
韓ドラ風の映画、もういらないよー。
こんなんじゃテレビ ドラマでいいでしょう?
先週お会いしたキム・ギドク監督のような方が韓国映画界にはいらっしゃるのに、このような内容が無い映画が大量生産されていて、かつ韓ドラ=売れるという図式を描いてわざわざ日本で公開しようとする日本の配給会社にも失望します。
もっといい映画を配給しろー。
それに韓国映画じゃなくても、アジアにはもっといい映画がたくさん埋もれているはずなのに、最近の韓流のせいでアジア映画がある意味注目されながら、ある意味減っているような気がしてしょうがない!
ともかく、配給会社さん、観客の皆様、映画とは何であるかという公平な見方をお願いします。

なんてひどい評を書きながらも★二つなのは、導入部分のラブ・コメ風なところがイケてるところ。
韓国ラブ・コメは、ここを生かしながら、その後悲劇に持って行かなくてもうまくお話がまとまるようにする努力が必要ですね。

|

« ナイト ウォッチ | トップページ | ナイロビの蜂 »

コメント

あなたがどれ程高級なお方かは存じませんが、
低俗という表現は酷くはないですか。あんまりです。

投稿: 低俗 | 2006/04/07 01:47

韓ドラ・ファンの方には「低俗」という言葉は、確かに失礼でした。訂正させていただきます。
ちなみに低俗さんが今まで観た韓国映画で一番お好きなのはどの作品ですか?
私は「殺人の追憶」です。

投稿: alcinema | 2006/04/07 08:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33241/9450234

この記事へのトラックバック一覧です: 連理の枝:

« ナイト ウォッチ | トップページ | ナイロビの蜂 »