« 連理の枝 | トップページ | リバティーン »

ナイロビの蜂

Nairobi
★★★★★
原題:The Constant Gardener(庭いじりを好む人)
公式サイトhttp://www.nairobi.jp/
試写会場:明治安田生命ホール

監督: フェルナンド・メイレレス
主演: レイフ・ファインズ 、レイチェル・ワイズ 、ユベール・クンデ 、ダニー・ヒューストン 、ビル・ナイ
製作国: イギリス (2005年)

ストーリー
イギリスの外交官ジャスティスと正義感あふれる女性テッサはあっという間に恋に落ち、ケニアに赴任することとなったジャスティスは「私もアフリカに連れて行って」というテッサのプロポーズを受け二人でケニアにやってきた。
貧しい人々のために懸命にボランティア活動をするテッサだったが、ジャスティスには秘密にしていることがあった。
そのことに薄々感づいていたものの、庭弄りが趣味のジャスティスはあえて深くかかわらないようにしていた。
しかし、ロキに飛行機で旅立ったテッサはそこから離れたトゥルカナ湖の車の中から遺体で発見された。
強盗による犯行として片付けられ、さらに一緒に同行したケニア人男性との不倫の噂まで流れるテッサに対し、ジャスティスは彼女の死の真相を突き止めようと動き出す。

<感想>
今年一番の感動作です。
『プロデューサーズ』が娯楽映画としての最高峰なら、この映画はひとつのテーマを深く掘り下げた芸術作品としての最高峰と言えます。
映画制作側が言いたかったテーマは、「妻と夫の愛情の深さ」らしいですが、私は先進国の豊かな社会は、アフリカのような貧しい国々の人たちの犠牲の上に成り立っているという点にクギ付けになりました。
フィクションということになっていますが、この映画のようなことが日々起こっているんでしょう。
最近いい映画を観ていないなーと思っている方、マンネリ化した日常で幸せを感じられない方、絶対お勧めです。

|

« 連理の枝 | トップページ | リバティーン »