« ニュー・ワールド | トップページ | ナイト ウォッチ »

うつせみ

Utsusemi2
★★★★★
原題:빈집(空き家)
公式サイトhttp://utsusemi-movie.com/
観た映画館:恵比寿ガーデン・シネマ

監督: キム・ギドク
主演: イ・スンヨン 、ジェヒ 、クォン・ヒョコ
製作国: 韓国 (2004年)

ストーリー
BMWのバイクにまたがり、家から家へとチラシを貼り付ける若者テソク。
実は彼の目的は、チラシが貼ってあるままになっている空き家を探すことだった。
空き家の家に侵入し、シャワーを浴びたり冷蔵庫の食料を食べたりする中、家中の散らかった衣服を集めて洗濯するという、風変わりな趣味を持つテソク。
ある日、侵入した家には彼が気づかないほど息をひそめた女性ソナがいた。
ソナは、金持ちの夫と結婚したため裕福な生活を送っていたが独占欲が強い夫から暴行を受け、人生に失望していた。
そんな中で、自分の家に侵入してきたテソクの行動に興味を示す。
夫の暴力に耐えかねて家を出たソナは、テソクとともに空き家での生活を過ごす。
ある日忍び込んだ空き家で、人が死んでいたことからテソクは刑務所に入れられる。
夫の望みで釈放されたものの、夫との生活に息が詰まりそうなソナの夢は、テソクが刑務所から釈放されること。
釈放されたテソクはソナの家に住み着き、ソナの夫に気づかないように、ソナの家に滞在しソナと幸せな時を過ごすのだった。


<感想>
映画を観たあと、映画を作った監督本人から映画の見方を聞いたのですが、私の考えとはまったく違ってました。
つまり、監督曰く、妻にドメスティック・バイオレンスを繰り返す夫が、妻の幸福のために見た夢がこの映画らしいです。
でも、私としては、この映画みたいなことが夢の世界じゃなくて、日常的にあってもいいと思うんですよね。
っていうか、私はこの映画は普通に現実だと思ってました。
夢じゃなくても起こり得るでしょ?こうゆうことって。
映画としての映像として、また観る側の想像力をかきたてる映画として、この映画は最高峰を行っているでしょう。

|

« ニュー・ワールド | トップページ | ナイト ウォッチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33241/9346644

この記事へのトラックバック一覧です: うつせみ:

« ニュー・ワールド | トップページ | ナイト ウォッチ »