« ラスト・プレゼント | トップページ | プライドと偏見 »

ホテル・ルワンダ

rwanda
★★★☆☆
原題:Hotel Rwanda (ホテル ルワンダ)
公式サイト: http://www.hotelrwanda.jp/
映画館:チネチッタ
劇場: チネ7

監督: テリー・ジョージ
主演: ドン・チードル 、ソフィー・オコネドー 、ジャン・レノ(多分カメオ出演)
製作国: イギリス/イタリア/南アフリカ(2004年)

ストーリー
舞台は1994年、ルワンダの首都キガリ。
4つ星ホテルのミル コリンで支配人として働くポール(ドン・チードル)は、その職業的地位のおかげで軍人や政府関係者など顔が広かった。
国内では、オランダ統治時代に国の支配層になったツチ族に対する不満から、フツ族が民兵を結成して今にも反乱が起きそうだった。
フツ族のポールの妻タチアナ(ソフィー・オコネドー)はツチ族で、彼女の兄夫婦がポールの力でなんとかルワンダから脱出させてくれるように頼んだが、今の地位を捨てたくないポールは周りの状況がよく見えていないため、そのうち政情がおさまるからルワンダにとどまるように言う。
しかしその翌日、国連軍と協定を結んだルワンダの大統領が暗殺され、その犯人がツチ族だとフツ族が決め付けフツ族の民兵がツチ族を虐殺し始める。
家族だけでなく、近所の人も連れてホテルに逃げ込んだポールだったが、最初は国連軍が警護してくれていたホテルだが、ルワンダから欧米人をすべて撤退させると各国が決め、ルワンダは世界の諸国から見放される。
客も含めて国外にいる知り合い達に電話をかけ、ルワンダの実情を訴え一部の人にビザが下りるがフツ族の民兵に阻止されて国外退去できない。
ポールはそんな中もホテルの支配人として客をもてなし、食料を調達し、従業員達を指揮していく。
やがてツチ族も反撃に出て、国連軍の援助もありホテルにいるすべての人間がフツ族の支配地から無事脱出する。

<感想>
もっと感動的な話だと思っていたが、そうでもなかった。
ホテルに逃げ込んだ人たちのほとんどは裕福な層の人たちで、ホテルの外では力もお金も無い人達が大量に殺されているのだ。
多分アフリカでは、賄賂で何でもできることになっていて、ポールはそれを最大限に利用して生き抜くのだが、そんなんでいいのだろうか?
そりゃ彼は孤児院の子供たちも救ったけどさ、それは超ラッキーな一部の子供たちだけでさー。


結局この世は地獄の沙汰も金次第なのです。

|

« ラスト・プレゼント | トップページ | プライドと偏見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33241/8318085

この記事へのトラックバック一覧です: ホテル・ルワンダ:

» 映画: HOTEL RWANDA [[K]こあら日記]
実に、心を打たれる映画。 「感動もの」や「涙を誘う映画」と一言で終わらせられない。あまりにも内容が切実であり、この現実が日本を含めた西側諸国に正確に伝えられず、「石油」の無い場所を「価値なし」と認めたことを遺憾に思う。この一言が、全てを語っていると思う。 ...... [続きを読む]

受信: 2006/02/14 01:33

« ラスト・プレゼント | トップページ | プライドと偏見 »