« 2005年11月 | トップページ | 2006年2月 »

ホテル・ルワンダ

rwanda
★★★☆☆
原題:Hotel Rwanda (ホテル ルワンダ)
公式サイト: http://www.hotelrwanda.jp/
映画館:チネチッタ
劇場: チネ7

監督: テリー・ジョージ
主演: ドン・チードル 、ソフィー・オコネドー 、ジャン・レノ(多分カメオ出演)
製作国: イギリス/イタリア/南アフリカ(2004年)

ストーリー
舞台は1994年、ルワンダの首都キガリ。
4つ星ホテルのミル コリンで支配人として働くポール(ドン・チードル)は、その職業的地位のおかげで軍人や政府関係者など顔が広かった。
国内では、オランダ統治時代に国の支配層になったツチ族に対する不満から、フツ族が民兵を結成して今にも反乱が起きそうだった。
フツ族のポールの妻タチアナ(ソフィー・オコネドー)はツチ族で、彼女の兄夫婦がポールの力でなんとかルワンダから脱出させてくれるように頼んだが、今の地位を捨てたくないポールは周りの状況がよく見えていないため、そのうち政情がおさまるからルワンダにとどまるように言う。
しかしその翌日、国連軍と協定を結んだルワンダの大統領が暗殺され、その犯人がツチ族だとフツ族が決め付けフツ族の民兵がツチ族を虐殺し始める。
家族だけでなく、近所の人も連れてホテルに逃げ込んだポールだったが、最初は国連軍が警護してくれていたホテルだが、ルワンダから欧米人をすべて撤退させると各国が決め、ルワンダは世界の諸国から見放される。
客も含めて国外にいる知り合い達に電話をかけ、ルワンダの実情を訴え一部の人にビザが下りるがフツ族の民兵に阻止されて国外退去できない。
ポールはそんな中もホテルの支配人として客をもてなし、食料を調達し、従業員達を指揮していく。
やがてツチ族も反撃に出て、国連軍の援助もありホテルにいるすべての人間がフツ族の支配地から無事脱出する。

<感想>
もっと感動的な話だと思っていたが、そうでもなかった。
ホテルに逃げ込んだ人たちのほとんどは裕福な層の人たちで、ホテルの外では力もお金も無い人達が大量に殺されているのだ。
多分アフリカでは、賄賂で何でもできることになっていて、ポールはそれを最大限に利用して生き抜くのだが、そんなんでいいのだろうか?
そりゃ彼は孤児院の子供たちも救ったけどさ、それは超ラッキーな一部の子供たちだけでさー。


結局この世は地獄の沙汰も金次第なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ラスト・プレゼント

lastpresent
★★☆☆☆
原題:선물 (贈り物)
映画館:新文芸坐

監督: オ・ギファン
主演: イ・ヨンエ、イ・ジョンジェ
製作国: 韓国(2001年)

ストーリー
高校時代からの友人と漫才コンビを組むヨンギ(イ・ジョンジェ)は、売れないがために妻のジョンヨン(イ・ヨンエ)が寝てから帰宅する毎日を送っていた。
小さな子供服屋を営むジョンヨンの稼ぎだけで生活しているため、彼女に頭が上がらないからだ。
一見怖いだけのジョンヨンだが、その裏で彼女が夫になんとか売れて欲しいとテレビ・プロデューサやその夫人に近づき夫がテレビに出演できるように頼む毎日だった。
実はジョンヨンの命は長くなく、自分の病気を夫が知ったら人を笑わせる仕事ができなくなると思い、病気のことを隠していた。
ひょんなことから妻の病気を知ったヨンギは、彼女の部屋にあった小学校時代の写真を見て、彼女が好きだった人たちを探し出してもう一度ジョンヨンに会わせようとする。
テレビのお笑いオーディションで勝ち抜くヨンギに喜ぶジョンヨン。
ジョンヨンには小学校のころからずっと好きだった男性がいた。それが小学校3年生のときに転校していったヨンギだった。
小学校のころからおどけものだったヨンギが大成することがジョンヨンの夢だったのだ。

<感想>
韓国っぽい、ひたすら涙だけを流させる映画で、中身はぜんぜんおもしろくない。
新しさもないし、小さいころ転校していった片思いの男性と町で偶然出くわして結婚するなんてありえない。
びっくりしたのは、『チャングムの誓い』で子供時代のチャングムを演じていた女の子が、この映画でもイ・ヨンエの子供時代の役をやっていたこと。
というか、この映画で子供時代の役をやったからチャングムに起用されたのね。
イ・ヨンエの中高時代役を演じた女の子が超きれいだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の日は過ぎ行く

spring
★★★☆☆
原題:봄날은 간다 (春の日は行く)
映画館:新文芸坐

監督: ホ・ジノ
主演: ユ・ジテ、イ・ヨンエ
製作国: 韓国(2001年)

ストーリー
父とボケた祖母、叔母と一緒に暮らすサンウ(ユ・ジテ)は、家を出て徘徊した祖母を迎えに駅に行く。祖母はしょっちゅう亡くなった夫を迎えに水色駅に行くのだった。
夫婦仲が良かったにもかかわらず祖父に愛人がいた理由がサンウには理解できなかった。
ある日カンヌンからやって来た放送局のプロデューサー兼DJのウンス(イ・ヨンエ)と風の音を撮りに行っている間に二人は惹かれあうようになる。
ウンスの家に送った帰りに泊まって行くように誘われ二人は男女関係に。
しかしバツイチのウンスは、彼のことを恋人だと誰にも紹介しようとしない。
父親から恋人を紹介するように言われたサンウはウンスに来るように頼むがウンスは会いに行きたがらない。
そのうち同じ放送局の男性と仲良くなったウンスはサンウに別れようという。
つらくて落ち込むサンウに対しボケた祖母がサンウの心を察し「去ったバスと女は追うものじゃない」となぐさめる。
サンウの前を季節が流れ、祖母も亡くなった頃突然ウンスから連絡があり会った二人。
以前なら、また彼女のきまぐれに振り回されたサンウだが、今はもう自分の道を歩けるようになっていた。

<感想>
ホ・ジノ監督独特の感情を中心に描いた淡々とした映画。
なぜウンスがサンウを誘ったか、いきなり嫌いになったか理由がよくわからない。
イ・ヨンエの腕や背中がきれいだった。
もっとアメリカ映画みたいに大胆なラブシーンならもっときれいな肢体が見れるのに、、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mr. & Mrs. スミス

mrmrssmith
★★★★☆
公式ホームページ:http://www.mr-and-mrs-smith.com/index.html
日付:2006年1月18日
映画館:チネチッタ川崎
劇場:チネ5

監督: ダグ・リーマン
主演: ブラッド・ピット 、アンジェリーナ・ジョリー 、ヴィンス・ヴォーン 、アダム・ブロディ 、ケリー・ワシントン
製作国: アメリカ(2005年)

ストーリー
夫婦揃ってカウンセリングに来ているスミス夫妻は、5~6年前、政治が不安定なコロンビアの首都ボゴダで軍隊に検察されているときにお互い一目で恋に落ちた。
カウンセリングでお互い問題が無いことを主張しながらも、なぜか最近二人の仲がしっくりこないと感じている。
理由はどうもお互い隠し事があると疑っているからだ。
出張が多いジョン(ブラッド・ピット)は、ジェーン(アンジェリーナ・ジョリー)の職業柄好都合だった。
彼女は腕利きのスナイパーで、綿密な計画で狙った相手は必ずしとめていた。
一方ジョンのほうも出張と偽って家を離れては殺しの仕事を請け負っていた。
ある日二人の元に同じターゲットの殺しの依頼が来る。
綿密に計画を立てて、いままさにターゲットを狙おうとしたジェーンの前に、バギーカーで現れたバカ男が計画を台無しにする。
怒ったジェーンがビデオをもとに相手を突き止めると、バカ男はジョンだった。
一方ジョンも現場に残ったラップトップPCのRAMをもとに飼い主の住所を調べると、そこには「ジェーン・スミス事務所」があった。
お互いがお互いを殺し合おうとするうちに、すでに愛し合っていた二人は隠し事がなくなり、またお互いの立場を理解しあうがゆえにますます愛し合うようになる。
二人それぞれが属する組織が二人を殺そうとしていることを知ったスミス夫妻は、組織と戦うことを決意する。

感想
『ローズ家の戦争』みたいにお互い憎み合うようになって殺しあうのかと思っていたら、意外な展開になってびっくり(ってこっちのほうが想像しやすい?)。
ラストの終わり方が結局ハッピーエンドなのかどうかよくわからないところがさらに二重丸。
わかりやすい娯楽映画のわりには、とっても面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年 My Best 10

各メディアで2005年の映画ベスト10が発表されていますが、私のBest 10を記すのを忘れていたので、今になって発表します。

あくまでも私が2005年に劇場で観た映画の中から選んだベスト10です。

1. ミリオン・ダラー・ベイビー
 2位以下を大きく離して文句なく圧倒的No.1でした。クリンスト・イーストウッドを見る目が変わりました。もう「ダーティ・ハリー」はギャグのようで見れない。

2.ラヴェンダーの咲く庭で
 以外にも私の心のツボにはまりました。私の目では、ダニエル・ブリュールよりは、マギー・スミス側に近い目なんでしょうね。

3.50回目のファースト・キス
 ともかく可愛い素直な映画です。制作費をかけなくてもこんなにいいアメリカ映画を作れるっていうお手本です。

4.頭文字D
 何でこんな映画が?と言うなかれ。ものすごい気に入りました。この映画。今までの香港映画に対する偏見をすべて打ち消すくらい。本来なら日本が製作すべき映画なのに、なんで出来ないんでしょうね?ジェイ・チョウもショーンも鈴木杏ちゃんも良かった。

5.ダニー・ザ・ドッグ
 やっぱりジェット・リー ファンだから。No.1って言えるくらいの出来だったらもっと良かったのに。『SPIRIT』に期待。

6.美しい夜、残酷な朝
 オムニバス映画ですが、香港版のカメラ・アングルの美しさと、韓国版の今までにない格好悪いイ・ビョンホンに感動しました。ホラー映画好きじゃない方も絶対お勧めです。

7.四月の雪
 ヨン様ファンじゃなくても、この映画はいけます。ラストのアジア的曖昧さが一番好き。

8.彼女を信じないでください
 韓流ブームとは関係ない私ですが、この映画はわりと良かったです。韓国=ソウルみたいなイメージがありますが、この映画に出てくるみたいな田舎こそ日本人が好きな心理+場所だと感じさせられます。

9.アバウト・ラブ/関於愛(クワァンユーアイ)
 オムニバスっぽいのに3つの話が微妙につながっているところがいい。とくに上海編が好きです(その後に東京編へとつながる作り方が好き)。

10.8月のクリスマス
 私の故郷・富山が舞台になった映画ということもあって、胸にジーンと来ました。後でオリジナル韓国版も見たけど、私は日本版のほうが好き。


DVDや機内上映の映画を合わせても、この順位は変わらないでしょうね。

それに見た後の感想では、星の数が3つや2つのものでも、一年を通して考えると結構上位に来ていたりするのが、人間の感情と記憶の曖昧さで我ながら面白いです。

ちなみに、ワースト1は『オープン・ウォーター』。

内容もひどいけど、自分がダイバーなのでその観点から見てもあのいきさつはひどいし、あんな映画観たらこの夏ダイビングする気が無くなっちゃうと思う。

ともかくあの映画の唯一の売り文句「事実に基づいた」というのは大嘘です!

2005年は2004年に比べると鑑賞回数が少なかったので、今年は少なくとも月に3回以上劇場に足を運ぶことを目標にします!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SAYURI

sayuri
★★★☆☆
公式ホームページ:http://www.movies.co.jp/sayuri/
日付:2006年1月4日
映画館:チネチッタ川崎
劇場:チネ9

監督: ロブ・マーシャル
主演: チャン・ツィーイー、渡辺謙、役所広司、ミッシェル・ヨー、桃井かおり、コン・リー
製作国: アメリカ(2005年)

ストーリー
両親が病床にふす貧しい家で生まれた千代(チャン・ツィーイー)は、ある日姉とともに人身売買されてふるさとを後にする。
千代が売られた先は芸妓の置屋。
姉や肉親への会いたさに置屋の生活に反発し、絶望の中で生活するがある日道端でやさしくしてくれた会長さん(渡辺謙)に一目ぼれし、会長さんと席をともにできる芸妓を目指そうと決心する。
しかし、同じ置屋の花形芸者・初桃(コン・リー)にイジワルされ芸者の付き人を続けるが、ある日花街で初桃と向こうをはっている花形芸者・豆葉(ミッシェル・ヨー)が千代を自分の妹芸妓にしたいと申し出る。
短期間で芸者として一流の技を身につけた千代は、「さゆり」として花街の一流芸妓としてデビューする。
会長さんのビジネス相手・延(役所広司)の心をいとめようと延に差し向けられるが、さゆりの筆おろしは医者の蟹先生が相手となる。
筆おろしで花街の最高値をつけたさゆりに嫉妬した初桃は、置屋を火事にしてしまう。
しかし、火事とは別に第二次世界大戦のため、花街は取り壊されさゆりは延のはからいで田舎に疎開する。
戦後、疎開先に訪れた延はさゆりに米軍の将軍相手に芸妓として接待して欲しいと頼む。
延から身請けの要請を受けるが、会長への思いを捨てきれないさゆりは、アメリカの将軍相手に一芝居を打とうと出るがうらめに出てしまう。
芸妓の生き方を思い知ったさゆりは会長への思いを振り切るのだった。

感想
ちょうど2年前の正月にも、日本を題材にしたハリウッド映画「ラスト・サムライ」を観た。
どうしてもついついそれと比べてしまう。
同じ渡辺謙が出ている映画というせいもあるかもしれないけど、、、、。
残念ながら「ラスト・サムライ」と比べると原作自体が日本の文化を表面的にしかとらえていなくて、かつアメリカ人以外の俳優さん達が中国系の人が多いせいか、なんか私的には思いを入れることができなかった。
ミッシェル・ヨーはいい味出していたけど、チャン・ツィーイーが日本人を演じるのは難しいんじゃない?
でも工藤夕喜が芸者やっても変だったんだから、いまどきの若い子は芸者に向いていないのかもね。
最後がハッピーエンド的だったのも、日本人的にはイマイチ。
芸者にハッピーエンドがありえないと思い込んでいる日本人の偏見でしょうか、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年2月 »