« 8月のクリスマス | トップページ | ベルベットレイン »

四月の雪

april_snow
★★★★☆
公式ホームページ:http://www.aprilsnow.jp/top.html
日付:2005年10月6日
映画館:川崎チネチッタ
劇場:チネ7

監督: ホ・ジノ
主演: ペ・ヨンジュン、ソン・イェジン

製作国: 韓国(2005年)

ストーリー
コンサートの照明監督をしているインスの元に、妻が交通事故を起こして地方の病院のいることを告げる電話が入った。
仕事を後輩にまかせて病院にかけつけたインスだが、彼以外にも妻と車に同乗していた男の妻ソヨンがベンチに座っていた。
警察で持ち物を確認して、それぞれ持ち帰るがソヨンが持ち帰ったデジカメにはインスの妻と自分の夫の情事のシーンが撮影されていて、インスは2人の関係を知る。
一方妻の職場に電話したインスは、出張ででかけたはずの妻が休暇届けを出している事実を知る。妻の携帯のパスワードを説いてメールを読もうとするインス。
お互いの配偶者が乗った車の被害者となった人物の葬儀に出かけたり、薬局で会ったり、病院そばのホテルの部屋が近かったりでよく顔を合わせるうちに、同じシンパシーを持つインスとソヨンは気持ちが通じ合うようになる。
ある日一緒に食事しているときにソヨンが言った言葉「私たちも不倫しましょうか?あの2人が目覚めたら驚かしてやるの」にインスは同様する。
海辺にドライブに出かけた2人はその言葉とおり、ホテルで関係を持ってしまう。
それ以降お互いに愛情が沸くが、それぞれの配偶者の世話をする姿を見て2人ともそれ以上の関係には進めない。
インスの妻は目を覚ますが、ソヨンの夫は介護のかいもむなしく亡くなってしまう。
妻が完全に意識を取り戻してもインスは不倫のことを責めたりせずに、妻にやさしく振舞う。不倫相手が死んだことを妻に告げると、彼女は大声で泣き出してしまった。
寒い冬も終わりを告げ、春になりソウルに戻って仕事を続けるインスと、夫がいない家庭を守るソヨンの前に季節はずれの雪が降る。

感想
セリフが限りなく少なくて、淡々と物語が進む。
大げさな感情は出さなくても、登場人物の気持ちが感じ取れるような映画になっている。
日本ではヨン様主演の映画というだけで、映画そのものは全然評価されていないが、映画そのものもいい出来。
ヨン様主演じゃなかったら、ミニシアターみたいなところでひっそり上映されて、もっと雰囲気を味わえたような気がする。
小さな映画館でひっそりと一人で見たい映画。

|

« 8月のクリスマス | トップページ | ベルベットレイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33241/6279649

この記事へのトラックバック一覧です: 四月の雪:

» �������I�o�n�u���O����タ���B [�������I�o�n�u���O����タ���B]
�u���O�����������������������������q���������I�H�������L���O�X�^�b�t���������\���������������c��������OK�I�������������������q�������I�H����ゥ������ラ���B�C�C���������������c�B�u���������W���W������������(��)�v�������������A���X�����w���������������B�e���X�^�[�g�B������コ�I�������N�������������������������c... [続きを読む]

受信: 2005/10/08 11:06

» 『四月の雪』@韓国映画95 [NO ・・・,NO LIFE]
「四月の雪」/韓国/2005年/107分 原題:「外出(Outing)」 >> [続きを読む]

受信: 2005/10/10 15:08

« 8月のクリスマス | トップページ | ベルベットレイン »