« セブンソード | トップページ | 四月の雪 »

8月のクリスマス

8gatsu
★★★☆☆
公式ホームページ:http://www.8xmas.com/
日付:2005年10月4日
映画館:川崎チネチッタ
劇場:チネ8

監督: 長崎俊一
主演: 山崎まさよし、関めぐみ、西田尚美、井川比佐志

製作国: 日本(2005年)

ストーリー
地方の小さな写真館を営む寿敏は、町の古城公園からの眺めが好きだ。
母親を亡くして、妹が嫁いで家を出てから年老いた父親と二人暮しの生活を続けていた。
ある日写真館に若い女性が無理やり特急便の写真を依頼しに来る。
彼女は近所の小学校の臨時教員の由紀子だった。
学校で色々なストレスを溜め込んでいる由紀子は、久敏のことをおじさんと呼び写真館でくつろぐようになった。
いつしか由紀子に思いをよせる久敏だったが、彼の命はあとわずか。彼女に自分の気持ちを伝えることなどできなった。
次の臨時教員先が能登の奥地だと知らされた由紀子は久敏に自分の気持ちを伝えようとするが、写真館はしばらく閉まったまま。久敏はその間入院していたがそれを知らない由紀子は悔しさのあまり写真館のガラスに石を投げて割ってしまう。
つかの間の退院の際に由紀子からの手紙を読んで彼女の赴任先の小学校を訪れる久敏。
彼女が元気に授業をしている姿を見て、彼女に会うことなくその場を立ち去り自分が死んだ後彼女の元に渡るであろう手紙をしたためる。

感想
全編に渡って静かな映画。セリフは最小限で観ている人がその場の雰囲気を感じ取る映画。
韓国の原作は見たことないけど、多分原作をとどめず限りなく日本人向けにリメイクされた作品なんだろうなー。
ともかくセリフが少なくて、観ている人の感情に訴える映画だった。
多分一度でも愛する人(動物もあり)を亡くしたことがある人なら泣ける映画。
この映画を観に行ったのは、舞台が私の故郷・富山県だったから。
舞台そのものは高岡市で私にはあまりなじみのないところだったが、遊園地のシーンは隣町の水族館併設の遊園地だった。
観覧車に乗ると海が見えるみたい。テトラポットだらけであんまりきれいな風景じゃないけど、上から見ると意外ときれいな富山湾。今度観覧車に乗ってみようっと。
ただ県民的には突っ込みどころ満載。
富山では居間に仏壇は置きません。どんな小さな貧乏な家でも仏間があります。
さらにその仏壇はあんな棚に乗っけたら危険なくらい大きくて金箔がバリバリ張ってあって金ピカです。
また冒頭のシーンで雪の中を傘もささずに久敏が座っていますが、北陸の雪は湿気が多く雪の温度も高いので、傘をささずにたたずむなんてありえません。雪が頭やコートについた瞬間から溶け出してビショビショになってしまいます。
それからバイクしかなくて車が無い家なんて、どんな都市部だろうが100%ありえません。
さらに全編標準語になっていますが、実際は北陸の人以外はヒアリング不可能なくらい訛ってます。
静かな映画なので、金ピカの仏壇や車、富山弁なんて似合わなかったんでしょうが、映画を観て誤解されたら困ると思って解説させていただきました。

|

« セブンソード | トップページ | 四月の雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33241/6253006

この記事へのトラックバック一覧です: 8月のクリスマス:

» 8月のクリスマス [赤糸屋のつられてつらつら]
だんなちゃん(R)が初めて山崎まさよしに出会ったのは、「月とキャベツ」 それから、もぉ山崎まさよしの虜。 そして、日本映画の虜になりました。 日本映画といっても、主に単館系。 単館系に通う内に、アジアやアメリカ、ヨーロッパでも 単館ものが好きになった...... [続きを読む]

受信: 2005/10/05 09:10

» 8月のクリスマス [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
すべてはいつか、色あせ消えていくものだと思っていました。 でも君とであって、僕は心底生きたいと思ったんです。 僕は君のことが、本当に、本当に好きでした。 君は神様がくれた、最高のプレゼントでです。 確かに君がいたあの夏の日に 確かに僕がいた8月の....... [続きを読む]

受信: 2005/10/08 13:59

» 8月のクリスマス [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
すべてはいつか、色あせ消えていくものだと思っていました。 でも君とであって、僕は心底生きたいと思ったんです。 僕は君のことが、本当に、本当に好きでした。 君は神様がくれた、最高のプレゼントでです。 確かに君がいたあの夏の日に 確かに僕がいた8月の....... [続きを読む]

受信: 2005/10/08 13:59

« セブンソード | トップページ | 四月の雪 »