« エターナル・サンシャイン | トップページ | 頭文字D »

オペラ座の怪人

opera
★★☆☆☆
原題: The Phantom Of The Opera(オペラのお化け)
公式ホームページ:http://www.opera-movie.jp/index2.html
日付:2005年8月26日
映画館:目黒シネマ

監督: ジョエル・シューマッハ
主演: ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム、パトリック・ウィルソン

製作国: アメリカ(2004年)

ストーリー
小さい頃両親を亡くしてオペラ座の寄宿舎で育ったシャーロット。
ある日オペラ座の経営者が変わって若き伯爵がパトロンとして訪れる。
彼の名はラウル。父が死ぬ前家族ぐるみで付き合いをしていて、幼い頃の恋人同士だった人だ。
最初はシャーロットに気づかなかったラウルだが、主演女優の代役で舞台で歌うシャーロットを見たラウルは彼女はあのシャーロットだと気づく。
幼い頃の恋人同士はたちまち恋に落ちるが、シャーロットには小さい頃から影で彼女に歌を教えた音楽の天使に精神的に支配されていた。
音楽の天使は別名オペラ座の怪人と呼ばれており、たびたびオペラ座で事故をおこさせていた。
怪人に誘拐され主役が姿を消したことでオペラ座は連日満員に。
シャーロットを主演にしないと復習するという文章をオペラ座の経営者に送っていた怪人は、シャーロットにセリフがない役しか与えなかった経営者のみせしめとして、舞台装置係を上映中に殺し舞台に宙吊りにする。
次はラウルの身が危ないと案じるシャーロットとラウルはお互いの愛を誓い合う。
二人の仲に嫉妬した怪人は、シャーロットを舞台の主演としておびきよせ彼女を自分が住む地下に連れ去る。
シャーロットを助けようと追いかけてきたラウルの首に縄をかけ、「彼を生かしたかったら地下で一生自分と結婚生活を送る」ようにせまる怪人。
ラウルの命を助けたいため怪人にキスしたシャーロットに怪人は敗北を知り、二人を逃がす。
時は経ちオペラ座の取り壊しのために、劇場内の品物のオークションが開かれていた。
かつて怪人が持っていたオルゴールを競り落としたラウルは、今は亡き妻シャーロットの墓にオルゴールを置く。
その脇には、かつて怪人がシャーロットに贈った指輪とともに赤いバラが添えられていた。

感想
ほとんどセリフがなくて、歌だけで物語を語るという変わった形式のミュージカル映画。
「エターナル・サンシャイン」と同時上映じゃなかったら絶対見なかったと思う。
なんだかんだ言ってもラウルとシャーロットは結ばれて結婚して子供までいたのね。
もっとすごい悲劇なんだと思っていたからガッカリ。
それなのに、私の目黒シネマ史上最高の観客の入り。
平日の昼間だっていうのにどうもものすごい列ができていたみたいで、「エターナル・サンシャイン」終了とともに整理する係員とともに大量のお客がなだれこんできてあっという間に満席に。
それだけじゃ足りなくて、補助席も満席。さらに真ん中通路に追加補助席まで出る始末。
聞けば『オペラ座の怪人』の熱狂的なファンがたくさんいて2時と夕方の回は連日満席とのこと。
なにがいいんだ?この映画?主人公もぜんぜん魅力的じゃないし、あのジャーン、ジャジャジャジャジャーンみたいな音楽が耳につくだけの映画じゃーん。ほかの曲はぜんぜん覚えてないわ。

|

« エターナル・サンシャイン | トップページ | 頭文字D »

コメント

 またまた映画「オペラ座の怪人」を観てしまいました。3回目です。繰り返し観て、益々素晴らしいと感じた映画は初めてです。ミュージカルの舞台も良かったけれど、入場料が高いので何度も観にいく訳にはいきません。その点、映画は高くなくて(決して安くはないけれど)良いですね。映画の方は舞台を殆ど忠実に映画化した作品です。
 何といっても百年前のミステリー作家ガストン・ルルー原作のストーリーが素晴らしい。その次にアンドリュー・ロイド・ウエバー作曲の音楽と脚本が素晴らしい。(他の作曲者の舞台や映画を3作品観ましたが、ロイド・ウエバー作品が一番良かった)。出演者も素晴らしい。(ファントム役:ジェラルド・バトラー、クリスティーヌ:エミー・ロッサム、子爵ラウル:パトリック・ウイルソン)
 歌を聴いているだけで、夢の世界へ誘ってくれる。もっとも映画館を出たら、途端に現実世界に引き戻されるけれど。
 怪人役のジェラルド・バトラーは、いま公開中の“Dear フランキー”で女性のハートを射止めました。そういえば、エミー・ロッサムは2年位前に観た「ミスティック・リバー」に不幸な被害者になる娘役で出ていたんだって。感じの良い娘だなという印象だったけど、出番が少なかったのであまり覚えていない。歌が無い映画にも出ていたんだ。

投稿: 柴又の怪人 | 2005/08/31 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33241/5648310

この記事へのトラックバック一覧です: オペラ座の怪人:

« エターナル・サンシャイン | トップページ | 頭文字D »