« ハイ・クライムズ | トップページ | ダニー・ザ・ドッグ(2回目) »

美しい夜、残酷な朝

gyoza
★★★★☆
原題:쓰리 몬스터(三人の怪人)
公式ホームページ:http://kadokawa-pictures.com/yoruasa/
日付:2005年6月15日
映画館:TOHO CINEMAS川崎
劇場:4

監督: 餃子/フルーツ・チャン、BOX/三池崇志、Cut/パク・チャヌク
主演: ミリアム・ヨン、長谷川京子、イ・ビョンホン

製作国: 香港、日本、韓国(2004年)

ストーリー
第一話:餃子
かつて女優として活躍して、今は裕福な主婦として不自由ない生活をしているリー夫人だったが、美しく若返ることができるという噂を聞いて、バイリンという女性の店に餃子を食べに来た。
中に何が入っているかわからないまま、美を手に入れたい一心で、餃子を食べるリー夫人。
バイリンは大陸の産婦人科に餃子の材料を買いに行っていた。
もっと効果が強いのを望むリー夫人の要望を聞き入れ、月齢が進んでいる胎児を近親相姦から妊娠してしまった高校生から入手する。
やがて美しさも若さも手に入れたリー夫人は、体に異臭がして発疹ができたため病院を訪ねる。そこで彼女自身が妊娠していることを知る。
バイリンの店は捜査の手がおよび閉じていた。
堕胎器を使って自分で堕胎するリー夫人。もう餃子なしでは生きられないのであった。

第二話:BOX
美しい小説家鏡子は、かつて少女時代に自分が犯した罪にさいなまれ、毎日同じ夢を見ていた。
見せ物小屋で双子の姉とショーに出演していたが、姉の演技ばかりいつも褒められることに嫉妬して、ある日姉を手品で使う箱の中に閉じ込めてしまった。
助けに来た手品師で養父の男と争いになり、ストーブが倒れ姉は焼死してしまう。
かつての見せ物小屋にその男から招待された鏡子は夢と同じように、男にビニールをかぶせられ箱の中に詰めて土をかぶせられる。
そこでまた夢が覚める。隣の枕には双生児の姉がいた。体はひとつでも見る夢は少し違う。

第三話:CUT
映画監督のリュは、高学歴でハンサムで人間性もよく、映画の成功で富も手に入れていた。
ある日家に帰ると、撮影場所とそっくりな自宅におかしな男が侵入し、ピアニストの妻をピアノ線でがんじがらめにしてリュを脅迫してきた。
彼はかつてリュの映画にエキストラとして出演したことがあり、小さいころから貧乏で親から虐待を受けて育ち、リュと自分の住む世界がまったく違うことに腹を立てていた。
その男が連れてきた少女を絞め殺さないと、妻の指を5分ごとに切断するという。
善人であるがゆえに少女を殺せないでいるうちに、妻の指は一本一本なくなっていく。
そのうち、自分も愛人がいて罪を犯したことを告白したり、妻に対して普段持っている不満をぶちまけたり、はたまた妻にも愛人がいたりなど、お互い精神がおかしくなってくる。
とうとう妻を助けるために、少女を殺そうとするが実はその少女は男の息子であった。
男が指輪にあやまってつまづいて、妻のとなりに倒れピアノ線にからまっている間、妻はリュが今撮っている映画さながらに、吸血鬼のごとく男の首に噛み付き男を殺してしまう。
それを見たリュは気が変になり、妻を男の息子だと信じて妻を助けるために首を絞めて殺してしまう。

感想
Yahooの評判を見るとイマイチの評価だったが、すごくおもしろかった。
鑑賞券を買うときや、入場の際に係りの人から「かなり残酷な場面がありますがよろしいですか?」と念を押されたが、戦争映画とかに比べるとそれほどでもない。
もともとの目的は香港スターのミリアム・ヨンをスクリーンで見たかったから。
あとでパンフを買ったらミリアム・ヨンの映画が日本で公開されるのはこれが初めてなんだって。なんで~?
パンフの中でも餃子の扱いが少ないし、、、、。映像的にはさすがクリストファー・ドイルが撮影しているだけあってカメラ・ワークが他の2作品と比べ物にならないくらいいいです。日本の撮影担当者も見習って欲しいけど、こればっかりは才能だから無理か。
香港映画に比べて公開作が多いイ・ビョンホン。もう彼の映画だけで、映画館で見るのは4本目です。
でもこれが今まで見た中じゃ一番人間臭くていいかも。
彼の書く尻絵ならぬ尻字は、ギャラ無しで出演したと思えないほどいいカンジです。
香港版「餃子」ロング・バージョンも公開してくださいね!

|

« ハイ・クライムズ | トップページ | ダニー・ザ・ドッグ(2回目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33241/4563522

この記事へのトラックバック一覧です: 美しい夜、残酷な朝:

« ハイ・クライムズ | トップページ | ダニー・ザ・ドッグ(2回目) »