« ダニー・ザ・ドッグ(2回目) | トップページ | ワン ナイト イン モンコック »

ダンシング・ハバナ

dirtydancing
★★☆☆☆
原題: Dirty Dancing 2 (ダーティ・ダンシング2)
公式ホームページ::http://www.gaga.ne.jp/dancing_havana/
日付:2005年6月27日
映画館:YAMAHAホール(試写会)

監督: ガイ・ファーランド
主演: ディエゴ・ルナ、ロモーラ・ガライ

製作国: アメリカ(2004年)
ストーリー
1959年、父の転勤でアメリカからキューバにやってきたケイティは、有名大学の進学を目前にしていたためご機嫌ななめだった。
キューバでは、外国人(アメリカ人)専用の高級ホテル生活。
そこで、裕福な生活を楽しむグリンゴ(アメリカ人)世界に溶け込めないケイティは、ウェイターとして働くハビエルに出会う。
ある日学校の送迎バスに乗り遅れて、歩いてホテルまで帰ろうとした途中で道に迷ってしまったケイティは公園で自由奔放に踊るキューバ人たちの中にハビエルの姿を見つける。
ケイティの母はかつてダンス・コンテストで優勝した実績があるので、学校ではダサイ優等生のケイティもダンスに対する興味は人一倍だったのだ。
グリンゴ達の社交場で、ダンスコンテストが行われることを知ったケイティは、ハビエルに自分とパートナーを組むように要請する。
ハビエルは、父が反政府思想を理由に現政府によって処刑されていたため、一人で家族の生活を養ってきのだった。
コンテストの賞金はUS5000ドル。このお金が手に入ればハビエル一家がアメリカに亡命できる。
ハビエルはケイティの提案を受け入れ二人はダンスの練習に励む。
最終審査に残った2人は、決勝戦で家族の目の前で華麗に踊る。
しかし、彼らが踊っている最中に反政府ゲリラの一人であるハビエルの兄が、かつて父を殺した犯人を会場で射殺しようとする。
警官の追ってから逃げた二人は、町の民衆の声で現政府が亡命して、民衆の力が勝ったことを知らされる。喜びにわくハビエルらキューバ人たち。
しかし、現政府の撤退とカストロ政権の台頭は、外資本を国外追放することを意味した。
ケイティ達もキューバを去らなければならず、二人の恋は思い出だけを胸に終わってしまう。

感想
ラテンの音楽+ラテン・ダンス満載の映画だと信じて観にいった。
しかし、、、、、所詮はグリンゴによるグリンゴのためのグリンゴの映画というのが私の感想。
つまり、グリンゴ側から見たラテン・アメリカの陽気さを描いただけのカンジがする。
Actor Mexicanoのディエゴ・ルナ目当てに観にいった映画だが、「ターミナル」といい、この映画といい、なんで彼はグリンゴ側から見たものすごい差別的な映画に進んで出演するかな?
たとえそれがアメリカ合衆国における現実だとしても、いったん反グリンゴ側からアメリカ合衆国を見たことがある人間から見ると、決してこころよいものではない。
もっとひどいのは、バックミュージック。
ぜんぜんラテンじゃないじゃーーーーーん。こんな音楽じゃ腰振れないよーーーー!
と思っていたら、一緒に試写会見たダンナは音楽がよかったとのこと。。。。。
つまり、、、つまり、、、、このくらいのヘビィじゃないラテン音楽が万人受けするってことかしら?????
A mi me gusta la musica mas latina y mas pesada ~~~

|

« ダニー・ザ・ドッグ(2回目) | トップページ | ワン ナイト イン モンコック »

コメント

「ダンシング・ハバナ」は、素晴らしかった。
「ダニー・ザ・ドッグ」駄作。

投稿: 映画ファン | 2005/07/10 21:44

見ようかな、と思ってたけど、あんまりサルサな映画じゃなさそうね。なんでアメリカ、サルサ盛んなのに、ハリウッドあるのに、「サルサ!」っていう、フランス映画が有名なんでしょうか。

投稿: cahier | 2005/07/21 00:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33241/4737045

この記事へのトラックバック一覧です: ダンシング・ハバナ:

» 映画を見たで-ダンシング・ハバナ- [デコデコマンの書き殴り部屋]
監督:ガイ・ファーランド 出演:ディエゴ・ルナ、ロモーラ・ガライ、セーラ・ウォード、ジョン・スラッテリー、ジョナサン・ジャクソン、ジャニュアリー・ジョーンズ、ミカ・ブーレム、パトリック・スウェイジ 評価:73点(100点満点) 邦題は「ダンシング・ハバナ」... [続きを読む]

受信: 2005/07/22 00:58

« ダニー・ザ・ドッグ(2回目) | トップページ | ワン ナイト イン モンコック »