« ラヴェンダーの咲く庭で | トップページ | オープン・ウォーター »

ザ・インタープリター

interpreter
★★☆☆☆
原題: The interpreter (通訳者)
公式ホームページ:http://www.inpri.jp/
日付:2005年6月3日
映画館:チネチッタ川崎
劇場:シネ6

監督: シドニー・ポラック
主演: ニコール・キッドマン、ショーン・ペン

製作国: アメリカ(2005年)

ストーリー
内戦が続くアフリカの小国マトボで、大量殺人の現場を見にきた白人2人と黒人1人。そこで重要人物に会えるはずだったが、それはワナでカメラマンを残して殺されてしまう。
一方アメリカの国連で同時通訳をするシルヴィア。彼女はマトボ出身で言語にたけっておりマトボの公語ズーも話す。
彼女はある日荷物を取りに行った通訳のブースで、もうすぐ訪米して国連の場で演説するマトボの大統領の暗殺計画を話しているのを耳にする。
身の危険を感じたシルヴィアは、警察にこのことを伝え、彼女を護衛するシークレット・サービスであるケラーとその相棒がつく。
しかしケラーは、シルヴィアが何か隠していることから彼女の証言を疑う。
そもそも彼女の証言自体がでっち上げなのか。彼女が暗殺計画に絡んでいるのか。
彼女はかつてマトボで両親と妹を殺され、そのことから反政府デモに参加し、自ら銃を手にしていた過去がある。
先日マトボで殺されたのは、彼女の元恋人と彼女の兄だった。
またケラーも最近妻を亡くしている。お互い心に傷を持ち打ち解けたようだったが、大統領の演説の日、彼女は姿を消す。

感想
名監督シドニー・ポラック+2人のアカデミー賞受賞俳優。
きっと素晴らしい映画に違いない!と予告を観て期待して観にいった。
しかし、よーく考えたら、私今までニコール・キッドマンの映画で感動したことあったっけ?
去年から「コールド・マウンテン」、「ステップフォードの妻たち」、「バース」などなど観たけど、はっきり言ってどれも全然おもしろくなかった。
おびただしい量の作品に出ずっぱりの彼女。
ある程度当たる映画なら、なんでもいいのかな?
ともかく、今後彼女が出演する映画は観にないと心に誓いました。

|

« ラヴェンダーの咲く庭で | トップページ | オープン・ウォーター »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33241/4415993

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・インタープリター:

» ザ・インタープリター [AML Amazon Link]
ザ・インタープリター [続きを読む]

受信: 2005/07/31 04:54

« ラヴェンダーの咲く庭で | トップページ | オープン・ウォーター »