« ロング・エンゲージメント | トップページ | ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月 »

インファナル・アフェアⅢ

infanalAffairIII
★★★★☆
原題: 終極無間
公式ホームページ:http://www.infernal.jp/index_top.shtml
日付:2005年4月11日
映画館:新宿ミラノ座

監督: アンドリュー・ラウ
主演: アンディ・ラウ、トニー・レオン、レオン・ライ、チェン・ダオミン、ケリー・チャン、エリック・チャンなど
製作国: 香港(2003年)

ストーリー
潜入警察官ヤンが死んでから、警察内で調査を受け庶務課に配属されていたラウ警部。
内務調査課に転属されてからは、自分がマフィアであるサムの手下であったという証拠を隠滅するために保安部のヨン警部の動きを必死に追う。
ヨン警部は、かつて自分のボスだったサムや、大陸系の武器密売人のボスと接触があったらしい。
ヤンの精神科医だったリーにも近づき、ヤンのカルテを盗むが、結局リーの催眠療法で自分の正体をリーに知られてしまうことになる。
いつの間にか自分が善人の警察官であるヤンになって悪玉刑事ラウを追い詰めるという錯乱状態になってしまったのだった。
感想
香港版DVDで一度は見た映画だったんだけど、過去と現在が複雑に絡み合うので、イマイチ内容がわかっていなかった。
今回日本語字幕スーパーで見たら今までわからなかったところがスッキリ。

おまけに、スーパープレミア試写会という「インファナル・アフェア」ファン(というよりは、アンディ・ラウもしくはトニー・レオン ファン)の中で見たせいか興奮度も最高。

1、2は見てなくても楽しめるのでお勧めです。

|

« ロング・エンゲージメント | トップページ | ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33241/3665374

この記事へのトラックバック一覧です: インファナル・アフェアⅢ:

« ロング・エンゲージメント | トップページ | ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月 »