« パッチギ | トップページ | ロング・エンゲージメント »

シャーク・テイル

sharktail1
★★☆☆☆
原題: Shark tale (サメの話)
公式ホームページ:http://sharktale.jp/
日付:2005年2月28日
映画館:銀座ガスホール(eiga.comの試写会)

監督: ヴィッキー・ジェンソン
声の主演: ウィル・スミス、レネー・ゼルウィガー、ジャック・ブラック、アンジェリーナ・ジョリー、ロバート・デ・ニーロ

製作国: アメリカ(2004年)

ストーリー
オスカーは、クジラの掃除屋に勤めるしがない雑魚(nothing)。いつか大物(something)になってこの海底からきらびやかなリーフトップに住むのが夢だ。
そんな彼の同僚アンジーは、雑魚のままでも彼が大好きだった。
一方食物連鎖のトップに君臨するホオジロザメでマフィアの息子レニーは、サメなのにベジタリアンで魚たちを殺すのが大嫌い。父の後とりとしてりっぱに勤める兄とともに魚を殺す練習に出かけ、そこで借金の方にいまにも命を消されそうになっているオスカーに遭遇する。
オスカーを食べれないレニーに手本を示そうとしたレニーの兄はアンカーがいきなり落ちてきて命を落としてしまう。
オスカーはひょんなことから、「シャーク・キラー」の異名をとり大ヒーローになってしまった。
リーフトップに住み、今まで彼に見向きもしなかったセレブ達が毎日彼のペントハウスにやって来る。
レニーと手を組んでサメ退治ショーを繰り広げ、さらに人気者になったオスカーだがSomethingになっても嘘つきのオスカーに不満なアンジーは彼の前から去ろうとし、オスカーは自分の大切なものが何かに初めて気づく。

感想
ストーリーはありふれたものだが、声優陣がとにかく豪華。レネー・ゼルウィガーは吹き替えも情緒たっぷりで愛らしい。
ただなんで西洋の映画ってサメを悪者扱いするのかな?
サメだけじゃなくて肉食の魚なんてほかにもたくさんいるのに。
魚も架空の魚が多くて、ニモと比べるとダイバー的にはイマイチな海の描き方だったなー(海に花が咲いてたりするしね)。

|

« パッチギ | トップページ | ロング・エンゲージメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33241/3120582

この記事へのトラックバック一覧です: シャーク・テイル:

« パッチギ | トップページ | ロング・エンゲージメント »