« ネバーランド | トップページ | シャーク・テイル »

パッチギ

pacchigi
★★☆☆☆(2.5といった具合)
原題: パッチギ
公式ホームページ:http://pacchigi.com/
日付:2005年2月19日
映画館:チネチッタ(チネ1)

監督: 井筒和幸
主演: 塩谷瞬、高岡蒼佑、沢尻エリカ、楊原京子

製作国: 日本(2004年)

ストーリー
京都東高校に通う康介は、朝鮮高校の乱闘に巻き込まれる。
翌日担任が提案した朝鮮高校とのサッカー親善試合の申し込み役を任命され、恐る恐る朝鮮高校に行った康介だが、そこで吹奏楽部でフルートを吹くキョンジャに一目ぼれする。がキョンジャは、朝鮮高校の番町アンソンの妹だった。
アンソンには日本人の彼女モモコがいて、彼女は妊娠してしまうがそれをアンソンに告げずに一人で生もうとする。
アンソンは祖国に帰ってサッカーのワールドカップ選手となることが夢だったからだ。
当初は朝鮮人の仲間たちからウトまれていた康介だが、キョンジャと仲良くしたい思いで必死に朝鮮語を勉強し、アンソン達から受け入れられて行く。彼はキョンジャがフルートで吹いていた「イムジン河」を歌ってフォークグループを作るつもりだった。
ある日、アンソンの子分チェドギが事故で死んでしまう。葬式の場で在日朝鮮人達の恨みつらみを聞かされその場を離れる康介。
去って行く彼の背中を見つめるキョンジャ。
やっぱり在日の人たちと日本人はうまく生きて行けないのか、、、、?

感想
映画の出来はさておき、映画館の入りがスゴかった。
定員107人のせまい劇場なのはわかるが、1時間前に席を取りに行ったのに空いていたのは、前から2列目以前のみ。
そのときはまだ真ん中の席が空いていたので、前から2列目の真ん中を取ったが、上映時間に劇場に入ってみると席がびっちり埋まっていた。
こんなに人気があるならなんでもっと大きな劇場にしてくれないの?
だいたい土地柄(川崎)、在日系の映画は人気があるので、そのくらい考慮してくれてもいいでしょう、チッタさん?
映画は、そこそこおもしろかったけど、在日を描いた映画としては『ゴー』のほうが全然上かな?

|

« ネバーランド | トップページ | シャーク・テイル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33241/2998633

この記事へのトラックバック一覧です: パッチギ:

« ネバーランド | トップページ | シャーク・テイル »