« ポワゾン | トップページ | 恋する遺伝子 »

フルタイム・キラー

fulltime.jpg
★★★☆☆
原題:全職殺手
日付:2004年10月28日
見た媒体:DVD(友人から借りた)

監督: ジョニー・トゥ 、ワイ・カーファイ
主演: アンディ・ラウ 、反町隆史 、ケリー・リン 、サイモン・ヤム 、チェリー・イン
製作国: 香港 (2001年)

ストーリー
日本人の"O"は、アジア一の殺し屋。
No.1の位置を狙うトクはOの行動を監視し、Oの仕事を横取りしOに近づきつつあった。
Oは自分の身分を偽るために、わざわざ掃除婦チンをやとって実際は住んでいない部屋を毎週掃除してもらっていた。
チンは2代目の掃除婦で、前の掃除婦はやくざに殺されてしまっていた。
トクは日本語のビデオ店で働くチンに近づき、Oを殺すのを手伝わせようと企む。
平凡な生活に飽きていたチンはトクの野望をかつごうとするが、Oとお互い惹かれあっていたためOを選ぶ。
トクとトクの兄はオリンピックの元射撃代表選手だったが、本番で持病が発症し二人とも金メダルを逃していた。二人はなんとか殺し屋として金メダルを獲得したかったのだ。
ある日今まで信頼していたエージェントから裏切られたことを知ったOはエージェントを殺しに行く。エージェントはトクの兄だった。
Oとトクを負う刑事リーは、O逮捕に失敗し刑事の職を追われてしまう。トクからいままでの資料を渡されトクとOに関する小説を書いて出版するように言われ実現させるが、どうしても終わりが書けない。
ある日チンがリーのところにやってきて、トクとOの結末を話す。
トクとOが戦って結局トクが勝ったというストーリーだったが、彼女が乗った車のミラーにはOの顔が映っていた。

感想
つまらないともっぱらの評判だったので、映画館に観に行かなかったが結構面白いので観に行けばよかった。
終始まったく笑わない反町と、何をするときも常に笑顔のアンディとの対比が面白い。
さらにDVDのオマケについている反町の苦労話がもっとおもしろいので、必見。

|

« ポワゾン | トップページ | 恋する遺伝子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33241/1802323

この記事へのトラックバック一覧です: フルタイム・キラー:

« ポワゾン | トップページ | 恋する遺伝子 »