« ティラミス | トップページ | コールド マウンテン »

エル・コロナド 秘境の神殿

elcoronado.jpg
★☆☆☆☆
公式ホームページ:http://www.el-coronado.com/
日付:2004年10月5日
映画館:新橋文化

監督: クラウディオ・ファエ
主演: クリスティン・ダッティーロ、クレイトン・ローナー
製作国: アメリカ=ドイツ(2003年)

ストーリー
フィアンセの出張先スイスに、忘れ物を届けがてらクリスマス休暇を過ごそうと考え付いたクレアは、フィアンセが最初からスイスではなく、コロナドという中米の国に出張中であることを知った。
スイスからコロナドに到着して見ると、その国はアメリカが支援する現政府と革命軍が争っていて極めて治安の悪い国だった。
フィアンセが革命軍に拉致された可能性があることを知ったクレアは、ビッグ・ニュースのため革命軍の本部に向かおうとしているニュースレポーター、アーネットに着いてジャングルに向かう。
ジャングルで事故に遭い偶然革命軍の本部に連れて行かれたクレアは、フィアンセが革命軍に武器を売るディーラーをやっていることを知って、本部で無事フィアンセに会うことができた。
革命軍の意志に賛同した、クレア、フィアンセ、アーネストは指導者からの国民へのメセージを撮ったビデオをテレビ局に持ち込む役を引き受ける。
しかし途中の検問でクレアのフィアンセは裏切り者で、政府軍の一味だった。

感想
ここまですごいC級映画をわざわざ映画館で観たのは初めて。
ストーリーに矛盾があるし、話がチープすぎる。
スイスのバカンス姿でコロナドに来たクレアが、いきなりジャングルで強い女に変身しちゃうなんてすっごく変。
それになんで、コロナドなんていう無名な国の人々が小さな子から革命軍の指導者まで英語を話すわけ?
せめて『レジェンド・オブ・メキシコ』くらい一般人はスペイン語を話して欲しかったなー。


|

« ティラミス | トップページ | コールド マウンテン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33241/1600879

この記事へのトラックバック一覧です: エル・コロナド 秘境の神殿:

« ティラミス | トップページ | コールド マウンテン »