« 英雄(HERO)加長版 | トップページ | dot the i »

アモーレス・ペロス

amoresperros.jpg
★★★★☆
日付:2004年8月23日
見た媒体:DVD(レンタル)

監督: アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
主演: エミリオ・エチェヴァリア、ガエル・ガルシア・ベルナル
製作国: メキシコ(1999年)

ストーリー
貧しい家庭に育ったオクタビオは、母と兄、兄嫁、その子供と暮らしている。
暴力的で自分勝手な兄と結婚して苦労している兄嫁にオクタビオは彼らが結婚する前から恋心を抱いていた。
ある日、兄の犬が町で闘犬をかみ殺すという事件が起きる。オクタビオは兄の犬を闘犬場で稼がせて兄嫁と一緒に逃避行することを夢見る。
しかし、ある日その犬が、以前から闘犬場をしきっていた悪玉にピストルで撃たれてしまう。逆上したオクタビオは悪玉を刺してその仲間達から車で町中を追われる。そして、交差点である車と衝突する。
******
テレビやCMでひっぱりダコのスーパーモデルのヴァレリは、ある日テレビで交際宣言した男にとあるマンションに連れて行かれる。実際はその男とは何の関係も無いヴァレリは切れそうになるが、そこには以前から不倫関係にあった恋人が待っていてくれた。恋人は妻と別れて、今日からヴァレリとここで暮らすと言う。喜びいさんだヴァレリは建てつけが悪かった床の一部に穴を開けてしまった。
買い忘れたものを思い出し、車で町に出かけたヴァレリは赤の信号を突っ込んできたオクタビオの車に衝突されてしまった。
美しい足やキャリアなど今までの人生を失いつつあるヴァレリ。一方家族を捨ててヴァレリの元にやってきた恋人にも焦燥の色が。
ヴァレリが退院した日に、飼い犬がかつてヴァレリが開けた床の穴に入って戻って来れなくなった。
床を開けてでも犬を助けるように恋人にせまるヴァレリ。今のヴァレリには犬の生命だけが希望の星だった。
ヴァレリの足が壊疽で切断せざるをえなくなった日、恋人は床を開けて犬を助け出す。
*******
たまたま通りかかった交差点で、事故を目撃したエル・チーヴォ。
彼は政治犯で逮捕されて、実の娘は彼が死んだものとして育てられていた。今は殺し屋として生きているエル・チーヴォはかつて自分を逮捕した刑事から住む場所や殺しの仕事を世話してもらっている。
事故現場でオクタビオのポケットから現金を盗むような人間だが、オクタビオの犬が瀕死状態になっているのを見て、おもわず自分の家に連れ帰って必死に看病する。彼の家にはほかにも沢山のノラ犬らしき犬が暮らしていたのだ。
殺しの依頼を受けて、すでに7日経ってあと2日以内に殺すことを約束するエル・チーヴォ。
ある日彼が家に帰ると、自分が救ったオクタビオの犬が、他の犬たちを全部かみ殺していた。悲しみにふけるエル・チーヴォ。
殺しのターゲットを家に拉致し、殺しの依頼人も家に呼び寄せて二人きりにしてその家を後にするエル・チーヴォ。殺しの報酬を自分の娘のベッドに置いて、電話メッセージに伝言を吹き込むが「Te amo」の一言を言う前にメッセージのテープは終わってしまう。。。。。。

感想
2001年グアテマラで同じファミリアにステイしていたタカヤ君お勧めの映画。
ずーっと見たいと思っていたけど、やっと見ることができた。
見てみて、もっと早く見るべきだったと実感したすばらしい作品。
全体的にはオムニバス形式になっているところが、ウォン・カーウェイ風だけど、社会がより混沌としている分メキシコのほうが刺激的。
音楽も確かにいいー。タカヤ君はこの映画のCDを買って毎日ファミリアで聞いてたの。
そのとき聞いたときは、イマイチ好きになれなかったけど、今聞くとメキシカンが歌う歌が妙に心にズーーーンとくる。
私も成長したのかな?
ともかく、ペドロ・アルモドバルやウォン・カーウェイの映画が好きな人にはお勧め。
他にも『セックスと嘘とビデオテープ』が好きな人にも合うかも。

|

« 英雄(HERO)加長版 | トップページ | dot the i »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33241/1270524

この記事へのトラックバック一覧です: アモーレス・ペロス:

« 英雄(HERO)加長版 | トップページ | dot the i »