« 安娜與武林 | トップページ | レディー・キラーズ »

トロイ

troy.jpg
日付:2004年5月31日
映画館:チネチッタ川崎
劇場:CINE11

監督: ヴォルフガング・ペーターゼン
主演:ブラッド・ピット、エリック・バナ、オーランド・ブルーム、ピーター・オトゥール
製作国: アメリカ (2004年)

ストーリー
世界征服をもくろむアガメムノンの王にとって、民から絶大な人気を誇る戦士(Warrior)・アキレスは必要でありながら、頭の痛い存在だった。
アガメムノン王の弟が治める国スパルタでは、トロイ王国との講和のパーティが開かれていた。しかし、トロイ王国の次男の王子パリスはスパルタ国の王メネラオスの妻ヘレンとの間で恋が芽生えていた。
トロイにヘレンを連れて帰ったため、スパルタ国王の怒りと、トロイを征服したいアガメムノン王の利害関係が一致し、大軍隊を連れて海を渡るギリシャ軍隊。
アガメムノン国王を毛嫌いしているアキレスは名声を上げるために、この戦争に参戦し、トロイに一番乗りして戦績を上げる。
その際トロイ国の王子ヘクトルを打とうと思えば打てたにもかかわらず、観客がいないという理由で彼をあえて逃がしたアキレス。
トロイ国の海岸に陣地を張るギリシャ軍のもとに、一人のトロイ軍の捕虜女性が連れて来られる。
彼女はトロイ国王の姪で巫女のプリセウス。アキレスは彼女に一目ぼれしてしまい、初めて愛を知る。
トロイ国との戦争は、アキレスが参戦しないことによりトロイ国優勢に進んでいたが、アキレスの従兄弟パトロクロスをヘクトルが殺してしまったために、アキレスの怒りを目覚めさせる。
アキレスとの一対一の戦いに応じたヘクトルはアキレスに敗れ、死体を馬車にひきずられてギリシャ陣営に連れ去られる。
その夜、アキレスのテントにたった一人でトロイ国王プリアモスがやってくる。息子の亡骸を返してくれと頼むプリアモスに対し、その勇気と高貴さに打たれたアキレスは、ヘクトルの死体とともに恋人プリセウスまでもトロイ国に返してしまう。
ヘクトルの喪が明ける12日後、トロイの木馬に身をひそめたオデッセウス一行がトロイの城壁内を襲い、ギリシャ軍が一斉にトロイに攻めてトロイ市民を皆殺しにする。
そんな中、プリセウスを探し回るアキレス。トロイ王子パリスも従兄弟のプリセウスを救うため探していた。
二人よりも先にプリセウスを見つけたアガメムノン国王は、プリセウスを殺そうとするが、逆にプリセウスに首を刺されてしまう。彼の部下に殺されようとしたところを救うアキレス。
再会を喜ぶ二人を見つけたパリスは、兄の敵を討つべく、アキレスに弓を放つ。

感想
★★★★★

文句なしにイイです。
制作費、出演者、監督などどれをとっても文句のつけようがありません。
2時間55分という長さが全く苦にならないどころか、ずっと引き込まれっぱなし。
ブラピもいいけど、ヘクトル役のエリック・バナがこれまた最高。
いい男が出ているいい映画は、何度観てもあきません。
本当に、本当に、イイ映画です。

|

« 安娜與武林 | トップページ | レディー・キラーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33241/687183

この記事へのトラックバック一覧です: トロイ:

« 安娜與武林 | トップページ | レディー・キラーズ »